長岡望悠が1年2カ月ぶり実戦復帰|左膝前十字靭帯断裂

2016年のリオ五輪、女子日本代表のエースアタッカーだった長岡望悠(26)=久光製薬=が、4月30日の黒鷲旗で1年2か月ぶりの実戦復帰を果たした。

昨年3月、Vプレミアリーグファイナル6で悪夢に襲われた。ジャンプから着地した際、左膝に激痛が走った。膝を抱えたままセンターライン上に転がったまま起き上がれなかった。前十字靭帯断裂の診断。奇しくも中田監督と同じ左膝。

神戸で手術、リハビリメニューは若干早まるものの,通常はジョギングが術後2-3か月目から,ジャンプは6か月,ひねりを伴うスパイク8か月目からが目安となるだろう。それでも1年2か月でトップレベルに復帰するのは容易ではない。

プレーの質は「納得できたものは10%もない」と自己評価。完全復活には程遠い。それでも「昔の自分に戻るのではなく、体も心も新しい自分をつくるイメージ。1日でも早く新しい形をつくり上げたい」とあくまで前向きだ。

そしてこの10月からはイタリアセリエAに海外移籍が決まっている。

2020 年に開催される東京オリンピックを目前に控え、「バレーボールをもっと極めたい」「海外で挑戦したい」という思いが強くなりました。
しかし昨シーズンの V リーグでは1度も出場することができていないですし、海外に挑戦すること、コンディションや生活面において不安もあります。ですが、怪我から復帰したばかりの私にチャンスをくれた imoco やこれまで全面的に支えてくれた久光製薬スプリングスのためにも、今が挑戦すべき時だと思い、この決断に至りました。

アジア大会で4位に終わった女子バレーボール。9/29から2018世界バレーボール選手権が日本で開催される。日本ではしばらく見れなくなる,新しい長岡望悠を見てみよう。

 

ヘルニアが消えた!

腰椎椎間板ヘルニアのなかでも,脱出型ヘルニアは半年から1年で吸収されます.

ヘルニアが消えるかどうかは腰椎のMRI検査である程度判断できます.

腰椎椎間板ヘルニアのMRI

脱出型ヘルニア 脱出型ヘルニア
脱出型ヘルニア 脱出型ヘルニア
発症時             1年後
左図は1年前,腰椎椎間板ヘルニア発症時の腰椎MRI画像です.
1ヶ月間激痛が続きましたが,一旦症状は軽快.8ヶ月して再度,軽い腰痛が再発しました.
2ヶ月ほどリハビリを行ってみましたが,軽快しないため,MRIを再度とってみました.
初診時に見られた,大きなヘルニア(黄矢印)は見事に吸収されていました.
椎間板の色が上位腰椎に比べ,黒くなっているのは,水分が抜けて,弾力がなくなっている状態で,ある程度ダメージを受けると自然回復はしませんが,ストレッチやインナーマッスルを鍛え,負担をかけないようにすれば,腰痛は防げます.
1年前の悪夢のような腰痛は出ないはずです.(すべての椎間板ヘルニアが消えるわけではありません.)

骨端線損傷|成長期の骨折|春スキー

大腿骨遠位骨端線損傷来週は3月.一時の寒さも緩み,肩に力を入れなくても外を歩けるようになってきました.

今回の患者さんは8才の男の子.人生初めてのスキー.リフトを降りてスキーをはかせてもらい,雪面に立った瞬間滑り出し,猛スピードで転倒!一回も曲がることなく診療所で応急処置をしてそのままUターンで当院受診.

圧痛点は右上の大腿骨にある骨端線という場所に一致して認め,成長期の骨に見られる成長線の骨折が疑われました.

しかし骨端線の上の黒い影も病的骨折の疑いがあり,がんセンターに問い合わせ,成長期の正常変化だろうということで,診断は大腿遠位骨端線損傷としました.悪性には見えないもののがんセンターに紹介されたということだけで非常に心配させてしまいました.

毎日診察しているので患者さんからタイムリーにスキー情報を聞けるのですが,関東北部や東北の蔵王までももう雪は緩んでいるとのことです.雪が重くなるとケガも増えるので,くれぐれも注意してください.

スキーのハイシーズンもそろそろ終わり.

寂しい気もしますが,心には別の春風が吹いていることと思います.

肩腱板損傷;インナーマッスルの筋萎縮

今日は筋萎縮の話.

最近足がつりやすいとのことで来院された患者さん.通常は神経系の異常でつりやすくなるので、腱反射などの所見を診るも正常範囲.足くびがうまく動かせず,アキレス腱が断裂していた.よく話を聞いてみると半年以上前に受傷していた.痛みがないので普通に生活していたが,アキレス腱が付着しているヒラメ筋が異常に頑張っていたため、仮性肥大を起こし,異常につりやすくなるものと思われた.

このケースのように筋肥大を起こす場合もあるが、通常は腱が断裂するとその筋肉は動かなくなるため、筋線維の体積が減少し、筋肉は細くなるだけである.

肩の腱板損傷でインナーマッスルが動かなくなると,右MRIのように筋肉が委縮する(黄矢印;筋肉の間に白いスペースができてしまう)だけでなく、脂肪変性を起こしてしまい、回復に長期間を要する.腱板断裂の患者さんのMRIを注意して見ていると結構脂肪変性が多く認められる.

通常の大腿四頭筋などアウターマッスルが筋萎縮を起こしても足が細くなるだけで,脂肪にはならないので,インナーマッスルだけが脂肪変性を起こすとの仮説を立ててみたが,私の腹筋はアウターマッスルにもかかわらず,脂肪変性を起こしているようだ.

ロンドン五輪 歴史的記録

男子柔道 初の金メダルなしで始まったロンドン五輪.

個人総合の金よりも、悔しさの残った男子体操団体銀

テニスでは錦織圭が88年ぶりの歴史的快挙となるベスト8進出

フェンシング男子団体 銀メダル

卓球女子団体 初のメダルは銀メダル

競泳「金」はなかったが、競泳日本チーム一丸となりメダル総数11個は戦後最多

なでしこジャパンは初の決勝進出で銀以上

女子バレー 準々決勝で中国にオリンピック初勝利で,24年ぶりの4強入りを

サッカー男子 44年ぶりの銅メダルなるか,3位決定戦は日本時間11日午前3時45分)から

まだまだ寝不足の日々が続きますが,体力低下も熱中症になりやすくなるのでご注意を.