42.195kmを2時間以内に完走する|ナイキ厚底シューズ

現在のフルマラソンの最速記録は非公式記録ながら、リオ五輪の男子マラソン金メダリストエリウド・キプチョゲ選手がナイキのプロジェクトとして行われた条件の整えられた非公認レース「Breaking2」で出した2時間0分25秒。

”42.195kmを2時間以内に完走する”という限りなく不可能に近いとされるミッションに、限りなく近づいた。ナイキのプロジェクトというところからわかると思いますが、その大きな立役者がランニングシューズ。その系列の最新シューズが

ナイキ ヴェイパーフライ 4% フライニット!

先週行われた大迫選手ら「シカゴマラソン」の上位5人全員が、ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットをはいていた。現在入手困難で、定価26000の倍以上で転売されている。そんな早く走れるならと高くても買いに走る40代50代のランナーも多いと思います(笑)

厚底4cmで足底の疲労感をやわらげ、カーボン入りのソールが推進力を生みだし、つま先が跳ね上がったウエッジ状の形状が体重移動をスムースにし、ランニング効率が平均「4%」あがるらしい。

走り方は以前から私も推奨してきたフォアフット走法、せめてフラット着地にしないと、こういう靴の性能は引き出せないと思います。フォアフットで走るためには腓腹筋ではなく,後脛骨筋を鍛えてください。後脛骨筋が弱いのに,足首で地面を蹴っていると腓腹筋が頑張ろうとしてふくらはぎの肉離れやアキレス腱炎,ひいてはアキレス腱断裂を起こしますので要注意!

PS高校生がよく起こすシンスプリント,脛骨疲労骨折,外脛骨障害のほか足底筋膜炎や外反母趾,偏平足すべて後脛骨筋が絡んでいます .ではまた!

 

変形性膝関節症|外側半月板損傷なれのはて

変形性膝関節症|外側円板状半月板損傷 右図のレントゲンは右ひざの正面像です.右ひざをひねってから痛みが取れず他の外科を受診したもののレントゲンは異常なしと言われ当院受診されました.

レントゲンをみると外側の関節の隙間が内側に比べ,狭くなっており,変形性関節症の第二期まで進行しています.ちょっとひねっただけで隙間が狭くなることはないので,いままで無症状だったものの,ちょっとひねったことをきっかけに痛みが取れなくなったものと考えられます.

よくみると骨の形も内側の滑らかな曲線に比べ,外側は白っぽくなって,辺縁がとげとげしくなっています.白っぽくなっているところは石灰成分が多いところで,骨の負担が強くて骨が固くもろくなっている所見で,変形性関節症の中期以降によくみられます.

ひねっただけで骨が折れるわけないのでレントゲンは異常なしと言われたのでしょうが,しっかり所見を読み飛ばしていたようです.

外側の関節の膝変形性関節症は比較的頻度が少なく,前々回診療日記で触れた,膝外側半月板損傷や膝外側円板状半月板損傷の放置例によく見られます.膝の関節は内側に体重が多くかかるため,意外に痛みやロッキングなどの症状は軽く,20年後,30年後に痛みが出てきて受診するパターンが結構あります.手術しなくても20年,30年もったからいいかなという考えもなくはないですが,いったん症状がでると,もう軟骨まですり減っているので元通りというわけにはいきません.

膝円板状半月板|手術しない選択

膝円板状半月板を手術しましょうと言われた.でも膝円板状半月板は手術しない選択もあります.ここでは切れていない(半月板損傷をおこしていない)円板状半月板を予防的に手術すべきかどうか,そして手術したほうがいい場合について私見を述べます.

膝円板状半月板は膝の外側の半月板に多く見られる先天性の病気です.日本人に多く頻度は5-10%と多いものの無症状で一生過ごすことも多く,明らかな発生頻度はわかっていません.

円板状半月板手術しない通常の半月板に比べると正常では三日月形をしており,大腿骨と脛骨が直接接しているのに対し,円板状半月板はその名の通り半円形の中心部も埋まった半円柱状となっているため上下の骨に杖に挟まった状態となっています.

そのため,幼少期では無症状の場合が多いのですが,幼稚園で遠足やディズニーランドなど,一日歩くと痛みが出やすく,すぐに抱っこをねだってきたり,夜,足をいたがって泣いたりする子は円板状半月板の可能性があります.

遺伝性も見られ,膝が反るほどピンと伸びにくくご,両親どちらかが円板状半月板手術を行っていたら円板状半月板かもしれません.

円板状半月板は,先天性ながら無症状の方も多いと書きましたが,痛みを出してくるのは,だいたいスポーツ活動の始まる中高生世代から多く見られます.体重も増え,部活で痛みを我慢しながら続けていると,最後は円板状半月板損傷という形で,半月板がきれてロッキングという状態になり,膝が曲がりも伸びもしなくなり,受診することになります.

何かの拍子にロッキング外れることもあるのでそのまま運動続けることもできますがその後引っかかりやすくなり,頻繁にロッキングを起こします.それでもむりやりやっていると挟まっている部分がばさばさになりちぎれて擦り切れてしまうので引っかからなくなります.

そういう意味では手術しない選択もありかもしれませんが,数年を要します.もしかしたら10年以上,ロッキングの恐怖と闘いながらスポーツを行うことになります.円板状半月板がロッキングしたら再発傾向があるので,時期を見て内視鏡で引っかかった円板状半月板を正常の形に削る,半月板形成術をしてもらうのがいいと思います.入院は長くても2,3日,1週目からジョギングもできると思います.

痛みだけで予防的に円板状半月板切除手術をすすめられることもありますが,膝の伸展制限がなく,引っ掛かりの度合いが軽ければ,スポーツ活動度を減らすことで痛みは治まります.

膝円板状半月板手術をすすめられたけどすごく迷っている方は,数か月様子を見て治らなければ手術を検討されても遅くなることはないので手術しない選択もありだと思います.(個別の症状によりすぐに手術のほうがよい場合ももちろんあります)

円板状半月板損傷の場合は…長くなったのでまた後日あらためてupします(^o^)