稲毛整形外科 の紹介

稲毛整形外科千葉スポーツクリニックは,JR総武線稲毛駅西口より徒歩1分の整形外科クリニックです.肩こり,腰痛,関節痛などの整形外科疾患はもとより,スポーツ外傷・障害を扱うスポーツ整形外科を専門としています. MRIによる確実な診断と理学療法士による治療に加え,千葉大学整形外科関連病院を軸に病診連携し,大病院と遜色のない総合的な医療を提供します

稲毛整形外科|工事終了しました

IMG_4264外壁塗装工事がおわりました.

外観はコンクリート打ち放しのためどこを直したの?

と聞かれるほど変わっていません.(^^;

ペンキで灰色に塗りつぶしたり,打ち放し風の塗装を勧める業者もありましたが,経年変化に伴うコンクリートの風合いを楽しみながら年を重ねていきたいと思います.

工事中はご迷惑をおかけしました.

これからもよろしくお願いいたします.

リトルリーグ肩|上腕骨近位骨端線離開

リトルリーグ肩
こどもの野球肩は大人の野球肩と異なり,上腕骨の成長軟骨での障害が多く認められます.

成長軟骨に過大な力が加わると骨折するのですが,成長線の部分の骨折なのでレントゲンでは判別できません.診断は圧痛点や可動域などの診察による臨床所見で判断します.

画像は明らかに骨折していた野球少年の肩のレントゲン画像です.初診時(左)よく見るとすでに骨の隆起が見られますが,3週後のレントゲンでははっきりと仮骨が形成されています.これでひとまずは治った状態としていいのですが,原因となる投球フォームや練習頻度などを修正しないと同じことの繰り返しになってしまうので要注意です.

ここまで明らかに成長軟骨の部分で骨折していると,骨端線の部分で成長することができなくなり,将来的に骨の変形や上肢長の左右差が出たりする可能性があります.