中心性脊髄損傷でドクターストップ 阪神の赤星 電撃引退

阪神の赤星憲広外野手

 プロ野球阪神の赤星憲広外野手(33)が現役引退.理由はこれまで新聞紙上で、頸椎(けいつい)のヘルニアの悪化と言われてきたが、検査を重ねるうちに「中心性脊髄損傷」と診断された.

 9月12日にけがをして症状のひどさは想像を絶するものがあった。1カ月して状態はだいぶ良くなって、復活できる気持ちもあったが、日本全国の病院に行って先生から「今のまま野球を続けることは危険だ」と言われ、現状を把握せざるをえない状況になった。- MSN産経ニュース

 頚椎椎間板ヘルニアやむちうち損傷による頚の痛みやしびれだけでは引退勧告されない.脳梗塞やくも膜下出血で脳がダメージを受けると回復しないのと同様,脊髄(頚髄)もいったん損傷されると回復が難しく,すでにMRIで相当のダメージが認められているのだと思います.

 中心性脊髄損傷で手術をすることはないが,脊髄の損傷,変性が著しい場合は,脊髄の入っている脊柱管という部位を広げる,脊柱管拡大術や除圧術を行うことになります.脊髄の圧迫を除去し,更なる損傷を防ぐものであり,脊髄を積極的に回復することはできません.また頚の可動域も悪くなるため,スポーツ選手に向いているとはいえません.

 ただし,圧迫されていた神経が開放されることで,中心性脊髄損傷によるしびれはある程度または完全回復する可能性もあります.手術に際しては,かなりシビアに術後の経過を説明しなくてはなりませんが,もしかしたら,来年早々に復帰ということもあるかもしれません.

“中心性脊髄損傷でドクターストップ 阪神の赤星 電撃引退” への4件の返信

  1. 赤星選手を治してあげて欲しいです
    お願いします

  2. 赤星選手なんとかなりませんか??
    人生かけても僕がプロなら怪我も承知でできそうなんですが。
    引退のほうがよほどつらい。
    野村前監督のすすめで、東京に診察に行くみたいですし。

  3. 赤星選手,若いし,半年も経過していないので,回復すると思うのですが…逆に,引退を決意させられるほど悪いのか・・・心配です

  4. 赤星選手が中心性脊髄損傷で現役を引退されるそうですが
    私も去年転落事故で中心性脊髄損傷と診断され治療をしていますが
    もうすぐ2年になります。チャス!さんが書いておられますが、
    自分の経験やお医者さんの話では脊髄などの中枢神経は一度傷つくと元のは戻らないそうで実際自分も未だに手の痛みに苦しんでいます。
    赤星選手が損傷した所がどの辺りになるのかわかりませんが、負傷直後の両手の耐え難い痛み・・・。とても良く分かります。自分の場合触られるなんてとんでもないしそれこそ風が吹いただけで激痛がしました。
    痛み止めの薬を使えばいいんじゃあと思われるでしょうが、普通の鎮痛剤やもっと強いオピオイドと言われるモルヒネなどに代表される麻薬性の麻酔剤もほとんど効きません。
    自分の場合当所は損傷した脊髄から出てる神経の根元にカテーテルを留置して24時間局所麻酔薬を持続投与して何とか痛みに耐えていました。それでも動かさなければ我慢できるぐらいの痛さでした。だから赤星選手が言ってるように睡眠も満足に出来ずそのうち麻酔薬も即効性のある強いのを入れてもらって1~2時間練れるようになりました。
    赤星選手の決断は大変辛いものでしょう。
    でもプロの選手ですから自分の体のことは一番分かってると思います。
    その選手が決めたことファンとしては何とか続けてほしい、とねがいますが、最初のほうに書いたように中枢神経は一度傷つくと元には戻りません。
    出来ることは痛みを取ってあげるペインクリニックなどの対処療法しかないと思います。
    それもいつ終わるか、というかほぼこの先ずっと続けなければいけないと思います。
    ですから治して現役復帰とかいうよりペインクリニックのいい所を探してまず痛みを取ってもらえるところを探すのが一番だと思います。関西ではホームページを見る限り阪大病院のペインが東洋医学も積極的に取り入れてるみたいなんでいいと思うんですが・・。
    長々と書きましたがこの障害は完全に治ることはありません。
    赤星選手の決断・・・苦しんだと思います。悩んだと思います。
    それでもご自身が決めたことです。我々ファンは今までの活躍をまぶたに、胸に焼き付けて赤星選手の第二の人生にエールを送り暖かく見守ってあげましょう。

コメントは受け付けていません。