スポーツ整形外科

千葉スポーツクリニック|稲毛整形外科

稲毛整形外科 千葉スポーツクリニック

スポーツ整形外科ではスポーツによる怪我(スポーツ外傷),使いすぎによるスポーツ障害を診断,治療していきます.通常の治療では最大公約数的な治療になりがちな長期間のギプス固定や安静期間を見直し、患者個々の状況に応じ(もちろん病状優先ですが),最小限の固定を行ったり,安静が必要な筋肉以外のトレーニングを行ったりしていきます.

スポーツ整形外科はアスリートだけのものではありません.スポーツ整形外科の診療,治療技術は,老若男女とわず,それぞれの患者さんが病状にあった適切な治療を受け,より早い社会復帰,スポーツ復帰を達成するためにあります.

スポーツ整形外科 スポーツ外傷と障害

  • コンディショニング スポーツ障害・外傷を予防する知識を身につけよう.
    コンディショニングには試合にすべての状態をベストの状態に持っていくピーキングと通常の練習で最大限の効果を挙げるコンディショニングがあります.
  • スポーツ外傷 痛いときは冷やすの?暖めるの?
    打撲,捻挫など急性の痛みは基本的に冷やします.慢性の痛みでも急に悪化したときはまず冷やしましょう.
  • 頚肩こり むちうち・肩こり(肩凝り)の治療は原因を明らかにすることが必要です.
    稲毛整形外科では自院MRIを用いて肩こりの原因となる頚椎椎間板ヘルニアや,むちうちのMRI検査を行い,治療しています.
  • 野球肩・四・五十肩 四十肩,五十肩の中に腱板損傷が隠れている.
    スポーツによる肩の痛みは使いすぎに加え,筋力バランス,投球フォーム,コンディショニングほかさまざまな原因が重なってもたらされます.
  • 野球肘・テニス肘 野球肘は投球制限から.フォーム修正で再発予防!
  • 手の外科・しびれ 手がしびれる.手首をひねると痛い.朝指がこわばるなど手の外科は整形外科の専門分野です.
  • 腰痛外来 腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症はスポーツ禁止?
    腰痛外来では腰痛の原因となる腰椎椎間板ヘルニアや腰椎脊柱管狭窄症等を自院MRI等を用いて原因を確実に診断し,充実したリハビリ施設で腰痛の治療を行っています.
  • 膝スポーツ外来 膝を捻挫したけどレントゲンは異常なし?
    膝の靱帯損傷や半月板損傷も,MRI検査が有用です.膝の安静を保ち,医師の指示に従って完全に治すことが大切です.
  • 足関節捻挫 捻挫はくせになる?

ランニング障害

近年,ランニングが注目されています.なぜ今,ブームなのか?
きっかけは,シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子選手の,”楽しい42.195km”発言や,古くは”自分で自分をほめたい”といったアトランタ五輪銅メダリスト 有森裕子選手(4年前のバルセロナ五輪は銀メダル) .
絶対的なタイムを競う,陸上競技としてのランニングから,楽しんで好きなだけ走ればいいランニングへ…ランニングは生活の一部となりました.
ランニング人口が増える中,ランニングによる腰痛,股関節,膝,足の障害が増加しています.
稲毛整形外科ではすべてのスポーツ,アスリートの基礎となるランニング障害について,様々な角度からアプローチをして,アドバイスさせていただきたいと考えています.

成長期のスポーツ障害

成長期にあるこどもは,成長ホルモンの関係で骨格や筋肉の状態が大人とまったく異なるため,大人と同じ筋トレや,負荷の強い硬式野球などは勧められません.成長期でもクラブ活動が盛んな思春期特有のスポーツ障害も多く,主なスポーツ障害を こどもの整形外科のページで解説しています.