ジャンパー膝

ジャンパー膝

ジャンパー膝

ジャンパー膝は、膝蓋腱炎、大腿四頭筋腱炎のことで、膝伸展にかかわる腱のオーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。バレーボールやバスケットボールなどでジャンプの多い種目や、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられます。

ジャンパー膝の原因と病態

ジャンプ、ダッシュなどの繰り返しの運動が原因ですが、大腿四頭筋の柔軟性、ストレッチ不足が原因です。特に成長期の長身選手は骨の成長が早く、筋肉が短い状態が続くので、入念なストレッチ、コンディショニングが必要と思われます。

ジャンパー膝の診断と治療

膝蓋骨の下方の膝蓋腱の圧痛があれば膝蓋靱帯炎と認められます。難治例では膝蓋軟骨軟化症などを合併していることもあるので、MRI検査を行うこともあります。
症状の軽い場合にはストレッチングをしながらスポーツを続けさせることもありますが、とくにジャンプ、ダッシュの休止や制限を行います。大腿四頭筋のストレッチング、テーピング、サポーター、消炎鎮痛薬の投与、理学療法などを組み合わせて行います。ジャンパー膝の治療、再発防止に専用のサポーター装具を着用します。