膝蓋軟骨軟化症

膝蓋軟骨軟化症

膝蓋軟骨軟化症

膝蓋軟骨軟化症は成長期の女性に多く、お皿の周辺が痛みます。生まれつき、膝蓋骨の形の悪い人がなりやすく、ジャンプ系のスポーツ選手に多く見られますが、スポーツを全くしない人でも起こすことがあります。

膝蓋軟骨軟化症の原因と病態

膝蓋骨の軟骨は衝撃を和らげるため、ヒトの軟骨の中で一番厚みがある。栄養分は関節液から受け取っていますが、大腿四頭筋のストレッチ不足や過大なストレスで痛みやすくなります。生まれつき膝蓋骨の形の悪い人や膝蓋腱の長い人、膝蓋骨が内側を向いている人(にらめっこ膝)がなりやすい素因を持っているといえます。

膝蓋軟骨軟化症の診断と治療

膝蓋骨の裏側の圧痛とレントゲン検査で診断します。MRI検査では、膝蓋軟骨の膨化、軟骨損傷を認めることもあります。治療は大腿四頭筋のストレッチと筋力強化運動に加え、テーピングや再発予防専用のサポーターの着用を心掛ける必要があります。