急性腰痛(ぎっくり腰)の多くは自然軽快しますが,受診しなくてはならない目安として,ヨーロッパ腰痛ガイドライン中の腰痛診療のレッドフラッグが,参考になります.

急性腰痛(ぎっくり腰) レッドフラッグ

腰椎圧迫骨折は,ぎっくり腰と同様,外傷により起こります.

 腰痛は風邪についで,多くの人が経験する症状で, 腰痛診療のガイドラインが各国で発表されています.多くの急性腰痛(ぎっくり腰)は自然軽快しますが,受診しなくてはならない目安として ヨーロッパ腰痛ガイドライン中の腰痛診療のレッドフラッグが,参考になります.

  • 年齢 20才以下または55才以上
  • 最近大きな怪我をした
  • 安静にしていても強くなる痛み
  • 胸部痛
  • 癌,白血病など悪性腫瘍の既応
  • ステロイドを長期間使用した(喘息膠原病等)
  • 薬物乱用,免疫抑制剤,HIV
  • 全身体調不良
  • 原因不明の体重減少
  • 神経症状(排尿,排便困難,坐骨神経痛,下肢しびれ等)
  • 背骨が曲がっている
  • 発熱

上記のいずれかに当てはまる場合は,整形外科専門医を受診する必要があります.

腰椎圧迫骨折

 腰椎圧迫骨折は,ぎっくり腰と同様,外傷により起こります.軽微な外傷でも腰椎圧迫骨折を起こすことがあります.