ぎっくり腰

ぎっくり腰(急性腰痛症)

第5腰椎横突起によるぎっくり腰

 ぎっくり腰は重いものを持ち上げたときや,腰を捻ったときに起きる,腰の状態の総称で,病名は急性腰痛症や腰椎捻挫になります.ぎっくり腰の中には腰椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節症を起こしていることもあり,何度も繰り返す場合は整形外科を受診する必要があります.

ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状

 ぎっくり腰は,重いものを持ち上げたときや,腰を捻ったときに,激痛とともに,体を動かすことが困難になります.通常は前かがみの姿勢をとると楽になるものの,立っているほうが楽なことも多く,体勢をかえることができません.
 日常生活制限を要する腰痛は、数日間から数週間で改善するものの,軽い腰痛は長期間持続することがあり,数カ月間持続する場合も多く認められます.

 ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因と病態

 腰を構成している腰椎,椎間板,筋肉,靭帯のいずれかに負担がかかり,損傷します.腰の骨をつないでいる前方の椎間板をささえる靭帯や後方の椎間関節が傷害されると腰をそらすことが困難になります.
 中腰姿勢をとるだけで,体重の1.5倍もの負荷が腰にかかることが知られており,腰周囲の筋肉が物を持つ用意ができていないのに,さらに急激な力がかかることにより,各組織が破綻します.
 ぎっくり腰(急性腰痛症)では,大部分の患者で腰痛は再発しますが、それは腰椎の器質的な異常の存在を意味するものではありません.

ぎっくり腰(急性腰痛症)の診断と治療

 ぎっくり腰を起こしたら,まず,患部の安静をとる事が必要です.足くびの捻挫と同様,一回腫れると元の状態に戻ることはないので,さらに体をそらして元に戻そうとしても,通常は痛みが増強します.
 ぎっくり腰にはアイシングが有用です.アイシングは疼痛を和らげ,疼痛,浮腫などの拡大を防ぎます.湿布は表面の冷却効果が少なく,逆に皮膚温を上げることがあるので必ず氷で冷やすことが必要です.
 薬物療法については急性腰痛の診療ガイドラインで,消炎鎮痛剤(NSAID)と筋弛緩薬は,それぞれ効果的に腰痛を軽減する.とされています.

急性腰痛(ぎっくり腰)レッドフラッグ

 急性腰痛(ぎっくり腰)の多くは自然軽快しますが,受診しなくてはならない目安としてヨーロッパ腰痛ガイドライン中の急性腰痛診療のレッドフラッグが,参考になります.

急性腰痛症(ぎっくり腰)関連記事

スポーツドクターブログ ぎっくり腰の取材記事が夕刊フジに掲載されました(2012-04-19 )