腰椎椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

 腰部脊柱管狭窄症は,間歇性跛行や下肢のしびれ,痛みを特徴とする中高年者にみられる病気です.前かがみで歩いたり,しゃがんで休むと症状が一時的に軽快します.

腰部脊柱管狭窄症の症状

 腰部脊柱管狭窄症は他の腰の病気と同様,腰痛,下肢痛,殿部痛を主訴として来院される方が多く見られますが,典型的な症状としては足裏の違和感,異常感覚と,下記の間欠性跛行があります.

間欠性跛行

 腰部脊柱管狭窄症に典型的な症状は.長い距離を続けて歩くことができなくなることです. 程度により,休まずに歩ける距離はさまざまですが,進行すると,100m歩いては,立ち止まって休み,2,3分かがんでいるとまた歩ける.の繰り返しになります.押し車(シルバーカーやショッピングカート)につかまって歩けば歩ける.自転車ならどこまででもいける.など,
 間欠性跛行は下肢の動脈がつまって起こすこともありますが,前屈位で軽減するようであれば腰部脊柱管狭窄症の可能性が高くなります.

腰部脊柱管狭窄症の原因と病態

 腰椎の老化(退行性変化)により,脊髄神経の通路となる脊柱管や神経根管に骨や靭帯が肥厚して狭窄をきたす事で神経を圧迫します.
 脊柱管の中心部で狭窄をきたした場合(中心型),歩行により,両下肢や会陰部のしびれや灼熱感が増強します.神経根部で圧迫されると,頑固な坐骨神経痛を起こします.(外側型)

腰部脊柱管狭窄症の診断と治療

 腰部脊柱管狭窄症の診断は上記の間欠性跛行や坐骨神経痛からある程度予想できますが,動脈性の間欠性跛行と区別するために,足背動脈の触知,足趾のチアノーゼの有無を確認します.レントゲンで腰椎の変形(変形性脊椎症)や変性すべりがあれば,MRI検査を行い,脊髄の圧迫を確認することで診断を確定します.
 外側型の単一神経根障害ではリハビリや鎮痛剤による保存療法を試みます.中心型で膀胱直腸障害や筋力低下の明らかなものは手術療法が薦められますが,多くの場合は間欠性跛行に対する,生活指導やリハビリなどの保存療法で軽減します.

診療日記 腰部脊柱管狭窄症関連記事

腰椎椎間板ヘルニアと間欠性跛行|ゴルフができなくなる
痛み止めが効かない腰痛|腰部脊柱管狭窄症