腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰痛・殿部痛・下肢痛・しびれ・歩行困難・排尿困難・排便困難などの症状があるようなら,椎間板ヘルニアの可能性があります.特に下肢症状のあるときはヘルニアが神経を圧迫していることが多く要注意です.

腰椎椎間板ヘルニアは手術しないと治らない?

腰椎椎間板ヘルニアの症状

 腰痛・殿部痛・下肢痛・しびれ・歩行困難・排尿困難・排便困難などの症状があるようなら,椎間板ヘルニアの可能性があります.特に下肢症状のあるときはヘルニアが神経を圧迫していることが多く要注意です.(坐骨神経痛)

腰椎椎間板ヘルニアの原因と病態

〇老化(椎間板変性)腰椎の間にあり,クッションの役割を果たしている椎間板も皮膚と同様,老化により弾力がなくなり,体重を支えられず,椎間板の中身(髄核)が外側の殻(線維輪)を破って神経に突出してきます.
〇外傷 重いものを持ち上げる,引っ張る,体をひねるなどの急激な外傷,および座り仕事,中腰などの不良姿勢の繰り返しによる慢性外傷により椎間板が圧力に耐え切れず,破綻します.
背骨は24個の円柱状の骨が椎間板を介してつながっており、椎間板が変形することで体幹の前後屈,捻りなどの動作を可能としています.しかし,老化および外傷により椎間板の外周を支えている線維輪が破綻し,クッションの役割を果たしている髄核が後方に飛び出し,脊髄神経を圧迫することで腰痛,下肢痛などの症状を起こします.
〇遺伝 椎間板を弱くする遺伝子により,家族性に発生する場合があります.

腰椎椎間板ヘルニアの診断と治療

 ヘルニアを起こしてつぶれた椎間板は,レントゲン上は骨の間の隙間が狭くなっていることで,ある程度判断できますが、椎間板がつぶれていなくてもヘルニアを起こすことがあり,MRIによって確定診断を行います. 上図は椎間板変性による腰痛を起こしていた患者さんのレントゲンとMRです.椎間板変性による腰痛はリハビリによって改善していましたが,半年後,腰痛が再発しました.  レントゲン上は何の変化も見られませんでしたが,再度MR撮影をしたところ一番下の椎間板がヘルニアを起こして脊髄を圧迫していました.
痛みのひどいときは,まず安静に.初期の痛みがある程度緩和してからストレッチなどの運動療法や低周波治療などの物理療法を行い,同時に鎮痛薬や湿布を使用します.これで約85~90%の人は良くなるといわれています.再発防止のために腹筋,腰痛体操を指導します.これらの保存療法でも症状が改善されない場合は,髄核を摘出するなどの手術療法も考えられます.

椎間板ヘルニアは吸収される?

腰椎椎間板ヘルニアは治らない?ヘルニアでお悩みの方,興味ある方は,上記リンクを見てください.