後骨間神経麻痺・橈骨神経麻痺

後骨間神経麻痺・橈骨神経麻痺

後骨間神経麻痺・橈骨神経麻痺

後骨間神経麻痺の症状

 後骨間神経は,指の伸展および母指を開く筋肉を支配しており,後骨間神経麻痺では指が伸ばせない,母指を開くことができないなどの運動障害を起こします.

後骨間神経麻痺の原因と病態

 橈骨神経は肘関節の外側を通る神経で,浅枝と深枝に枝分かれして橈骨神経深枝である後骨間神経が回外筋筋腹を貫く部位で圧迫をうけ,麻痺をおこすため、肘から前腕にかけての疼痛と、指の伸展および母指の外転筋力が低下します.後骨間神経麻痺は知覚線維を含まないため,しびれや感覚低下などの知覚障害はなく,運動麻痺が主症状となります.

後骨間神経麻痺の診断と治療

 軽症例では患部の安静,薬物療法や神経ブロックなどの保存療法を行います. 症状が回復しない場合は,手術により,圧迫から神経を開放する除圧術や神経剥離術などが必要になります.