こどもの肘骨折の治療

こどもの肘骨折

小児上腕骨果上骨折

こどもの肘関節周辺部の骨折は要注意!

こどもの肘骨折の症状

 こどもの肘骨折の症状は,重度であれば肘周辺部の痛みや腫れ,変形がありますが,軽度の場合は,転んでから手を動かさない,手を使いたがらない,手がダラッとしているなど,痛み以外の症状が唯一のサインである場合が少なくありません.
 右図のような転位の少ない上腕骨顆上骨折の場合は,局所の圧痛以外は症状がなく,念のため撮影したレントゲンで骨折していることがわかり,ギプスを巻きました.骨折していること知らずに,再転倒するとずれて,手術になっていたかもしれません.

こどもの肘骨折の原因と病態

 幼小児期の成長期は骨が柔らかく,転倒して手を突いても,若木骨折と呼ばれ,枯れ枝を折るようにポキッと折れることがなく,痛みも軽いため,見逃されることが多く見られます.
 一方,成長中の骨は骨端線という,骨の弱い部分があり,この部分が損傷されると,後に成長障害をきたし,内反肘や外反肘などの変形,遅発性尺骨神経麻痺を起こすことがあり,注意が必要です.

こどもの肘骨折の診断と治療

 前述の如く,痛みを訴えない場合でも,骨折していることがあり,整形外科を受診してしてください.特に乳幼児の場合は,手を動かさない,手を使いたがらない,手がダラッとしているなど,痛み以外の症状が唯一のサインである場合が少なくありません.