肩関節石灰沈着性腱板炎

肩関節石灰沈着性腱板炎

肩石灰沈着性腱板炎のレントゲン像

 40~50歳代女性に多く,突然誘因なく,激痛が走り,腕を動かすことができなくなります.夜間痛が特徴です.レントゲンで簡単に診断できるのですが,接骨院や,整骨,整体で四十肩・五十肩とまちがわれて治療されているケースが少なくありません.

肩関節石灰沈着性腱板炎の症状

 手が後ろに回らなくなる,いわゆる四十肩,五十肩と診断され,長い間治らない患者さんの中に,石灰沈着性腱板炎が見逃されていることがあります.肩が上がらない,夜間痛がある等,自然軽快しない場合,治っても何回も再発する場合,レントゲン検査が有用です.

肩関節石灰沈着性腱板炎の原因と病態

 石灰沈着性腱板炎はその名のとおり,腱板(棘上筋等の腱)の中に石灰が沈着して,炎症を起こすものです.石灰が沈着しただけでは痛みは生じませんが,何らかの原因で炎症を起こすと,目が覚めるほどの激痛が夜間襲ってきます,石灰沈着の原因は諸説ありますが,簡単に予防できるものではなく,専門医の再発予防の指導が必要です.

肩石灰沈着性腱板炎の診断と治療

 特徴的な夜間痛と肩峰(肩の先端の骨)下の圧痛(激痛)で診断できますが,確定診断は,レントゲン撮影で行います.
 消炎鎮痛剤が有効ですので,発症後痛みが治まるまで,座薬や経口剤で投与します.再発予防には肩甲骨と上腕骨の動きをリハビリによって正常に戻すことが必要です.

肩石灰沈着性腱板炎の体外衝撃波治療

 肩石灰沈着性腱板炎の難治例に対して,体外衝撃波治療の有効性が報告されています.整形外科分野における体外衝撃波治療の主な対象疾患は,保存療法を6か月以上受けても効を奏さない難治性の腱付着部炎で,石灰沈着性腱板炎の他,テニス肘ジャンパー膝,アキレス腱付着部炎,足底腱膜炎等です.体外衝撃波治療については,足底腱膜炎のページもご参照ください.