肩甲上神経麻痺

肩甲上神経麻痺

肩関節不安定症(ルーズショルダー) レントゲン画像

 腕が水平以上あげられないが痛みはなく,四十肩,五十肩と診断され,長い間治らない患者さんの中に,肩甲上神経麻痺が見逃されていることがあります.野球選手に見られる,肩関節不安定症(ルーズショルダー)の原因になることもあります.

肩甲上神経麻痺の症状

 肩甲上神経麻痺の症状は腕を水平以上あげようとしても力が入らない状態が続きます.反対の手で持ち上げてあげれば,肩腱板断裂と同様,肩が上がるので肩関節周囲炎とは区別されます.いわゆる四十肩・五十肩と診断され,長い間治らない患者さんの中に,肩甲上神経麻痺が見逃されていることがあります.

肩甲上神経麻痺の原因と病態

 肩甲上神経麻痺は急性に発症することもありますが,多くは慢性化しており,バレーボール,テニスなど肩を振り回す頻回な力が掛かる人に多く発生します.肩が水平以上,上がらなくなりスポーツ活動に支障をきたします.ある日突然,肩が上がらなくなった場合は,脳梗塞などの一過性麻痺も含め,専門医を受診することが必要です.
 肩甲上神経は棘上筋と棘下筋を支配している神経で,肩甲骨の上の方にある肩甲切痕という骨の溝をすり抜けるようにして筋肉に到達しています.その部分の走行に無理があるので肩甲切痕部で圧迫を受けて麻痺を起こすことが有ります.

肩甲上神経麻痺の診断と治療

 腕が水平以上あげられないが,痛みがないところが四十肩・五十肩などと鑑別できる点ですが,整形外科専門医の診断が必要です.肩甲上神経麻痺を疑われる患者さんにはMRI検査による肩周辺部のガングリオン,腫瘍などの圧迫病変の検索,筋電図による筋・神経障害の有無を判定します.
 肩甲上神経麻痺の治療は肩甲切痕部へのブロック療法と筋萎縮を防ぐEMSという電気治療が主体となります.保存療法の無効例は手術的に肩甲切痕を広げてやることもあります.回復までには6ヶ月から1年という長期間を覚悟することがあります.