ストレートネックの診断と治療

ストレートネックとは

 ストレートネックとは,レントゲン上,クビの骨の配列が直線状になる事(頚椎の生理的前彎の消失)をいいます,長時間デスクワークを行う人に多く見られ,肩こりや頭痛の原因となります.

ストレートネック

 右の写真はストレートネックのレントゲン側面像です.7個ある頚椎がまっすぐに並んでおり,下の正常の頚椎のレントゲン写真と比べると明らかに頚椎の生理的前彎が消失しています.(マウスカーソルを右のレントゲンに重ねると後屈時の写真になります.)  症状のない健常な人でも覗き込むように首を前屈すると頚椎は一直線上となりますが,真のストレートネックでは,首の前後屈を行っても,頸椎の配列(アライメント)はまっすぐな形そのままで,下位頸椎はほとんど動きません.延髄に近い,頭蓋骨と上位頸椎の間だけで動いているので,頚こり,肩こりだけでなく,手のしびれ(斜角筋症候群),頭痛,吐き気,めまいなども起こすことがあります.

ストレートネックの症状

 ストレートネックに伴う症状はクビの痛み,肩こり,腕のしびれやだるさ,運動制限(特に上を向くと痛い),頭痛,頭重感など.
ひどくなると,めまい,耳鳴り,吐き気や上肢のしびれ,脱力感を訴える場合があります.多種多様な愁訴のわりには他覚的所見に乏しいのが特徴です.

ストレートネックの原因と病態

正常頚椎側面像

  頚椎は通常,右写真のように生理的前彎といわれるアーチ状に配列しており,重い頭を僧帽筋など,背中側の筋肉で効率よく支えています.肩こりのない人でも,画面を覗き込んだ姿勢では頚椎の生理的前彎が減少しストレートネックの状態となっており,この状態が長く続くことで筋肉の過緊張が続き,肩こりを引き起こします.

ストレートネックの原因1 不良姿勢

 ストレートネックの原因として姿勢の問題があります.坐っているほうが,負担が少ないように見えますが,骨盤周りの筋肉が衰えた現代人は,いい姿勢(骨盤の前傾)を保持できないため,脊柱のS字状の生理的彎曲が崩れて猫背になり,座位姿勢では単一のC字型のカーブになっています.肩甲骨の間にある僧帽筋や菱形筋が,突き出した頭が前に倒れないように,常に収縮して筋疲労を起こし,血流が悪くなり,肩こりを引き起こします.

ストレートネックの原因2 使いすぎ

 スマートフォンなどの小さい画面を見て指先で細かい作業を続けるためには首から肩,肘を固定しようとして、クビの前側にある筋肉が過緊張を強いられます.クビの前側の筋肉は背中側の僧帽筋などと異なり,小さく,筋肉も腱の様に硬く伸びにくいため,動く範囲は狭いものの強力にクビを前に引き寄せます.長時間のオーバーユースにより,過緊張で筋肉が硬直し,さらに硬くなっていきます.この筋肉が短縮したまま不可逆性に拘縮すると、生理的な彎曲が失われ,ストレートネックもなかなか治りません。
  あごが出て,頚椎が逆カーブになっていると重症で,胸郭出口症候群に似た,両手のしびれや脱力をきたすこともあります.レントゲンを見せられてカーブがあるから大丈夫と思っても,逆カーブは要注意です.

ストレートネックの原因3 椎間板変性

 上記のような状態が長く続くと,頭を支えている頚椎にも負担がかかってきます.骨よりも可動部である椎間板が悲鳴を上げて,弾力が失われていきます(30代後半から).いわゆる頚椎椎間板ヘルニアや頚椎椎間板症をおこして,肩こり,クビ痛だけでなく手の痛みやしびれ,脱力をきたします.さらに50代をすぎると椎骨も変形して変形性頚椎症や頚椎症性脊髄症をおこし,ワイシャツのボタンが止めにくくなる巧緻運動障害や階段がおりにくくなるなどの下肢運動障害,膀胱直腸障害を起こすことになります.

ストレートネックの診断と治療

 ストレートネックは病名ではありませんから,レントゲンでストレートネック(頚椎の生理的前彎の消失)を認めたら,原因となる頚椎椎間板ヘルニア頚椎症がないか,MRIを撮影することがあります.
 治療は原因となる疾患がなければ,対症療法となります.
  発症直後は消炎鎮痛剤,外用薬に加え,アイシング等急性疼痛の治療,5日-1週経過し,症状が落ち着いてから,頚肩甲部の筋緊張緩和などのリハビリを行います.痛みが強いものには,カラー固定も有用ですが,頚肩周囲の筋力低下を招くので,カラーの使用は短期間にとどめるべきです,ストレートネックは予防が大事なので,普段の生活習慣,特に座り方や長時間の同一姿勢を避けるべきです.骨盤から腰,背筋のストレッチや骨盤を起こしてしっかり座るための腹筋などの筋力訓練も重要です.

腰痛対策・予防

 現代の生活では坐る事が多く,腰痛,肩こりの一因となっています.腰痛を起こしにくい座り方をすることが,ストレートネックを防止し,肩こりを予防することにも有効です.

関連記事

診療日記|スマホを長時間つかうとストレートネックになる?
ストレートネックの取材記事|産経新聞
ストレートネック 肩こり、頭痛…スマホで増加?
ストレートネック|NHKニュース おはよう日本で放送されました
ストレートネック(スマホ首)|NHK総合:「NEWSWEB」