サプリメント

サプリメント

スポーツリハビリテーション―最新の理論と実践  守屋 秀繁 (翻訳) 基礎医学 靭帯 南出正順

主なサプリメント 効用など

プロテイン

 タンパク質。筋肉の成長に必要な栄養素。基本的には日常の食事だけでも必要なタンパク質は十分摂取できますが、ハードなトレー ニングを行う場合や肉などの摂取に伴う脂肪の摂取過多を避けたい場合に効果的。

筋肉補強系アミノ酸(BCAA)

 アミノ酸はタンパク質を構成する最小単位で、筋肉作りや疲労回復などに役立つサプリメントです。必須アミノ酸は体内で合成できないため、食品から摂取する必要があります。
BCAAとは分岐鎖アミノ酸の事で、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つをさします。BCAAは必須アミノ酸の1/3、筋肉を構成するタンパク質の2割を占めます。BCAAの摂取で効果的にアミノ酸を補給する事が出来ます。

脂肪燃焼系アミノ酸

 20種類あるアミノ酸のうち、脂肪燃焼アミノ酸はリジン・プロリン・アラニン・アルギニンの4種類で、体内において多くの脂肪を燃焼させるという働きがあります。筋肉の合成を活発にし、基礎代謝をあげて、美しくやせるアミノ酸ダイエットで注目されているサプリメントです。(服用して運動しないと、もちろん太ります。)

クレアチン

 筋肉の動力源は、グルコース(ブドウ糖)から作られたATP(リン酸が3つ)からリン酸を一つ切り離してニリン酸に変わるときに出るエネルギーです。切り離すための重要な役割を果たすのがクレアチンで、アルギニンとグリシン(必須アミノ酸)から体内で合成できるたんぱく質です。ローディング期とメンテナンス期があり、計画性の必要なサプリメントです。水分を多めに摂取することをおすすめします。

 マラソンランナーズ貧血とかスポーツ貧血と呼ばれる貧血があります。マラソンランナーは踵の着地時、自分の赤血球を踏み潰しているので貧血になりやすく、食事からの摂取だけでは鉄が不足する場合に鉄剤を利用します。鉄剤の服用に際しては医師に相談が必要です。

微量元素(Mg Zn)

 微量ではあるが、体に必要な元素です。サプリとして注目されていますがバランスのよい食事が摂れていればあまり心配する必要はありません。
 マグネシウムは、神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持にもかかわっています。
 亜鉛が不足すると、味覚障害や発育不全(成長ホルモン障害)、男性機能障害(性腺刺激ホルモン障害)などを引き起こすといわれ、セックス・ミネラルといわれることもあります。免疫機能を維持し爪や髪を健康に保つ作用もあります。

ダイエット・美白系

脂肪燃焼系アミノ酸 ビタミンB群 含硫アミノ酸(美白) コラーゲン ヒアルロン酸 コンドロイチン