運動器リハビリテーション(物理療法機器)

運動器リハビリテーション(物理療法)|稲毛整形外科

 稲毛整形外科の運動器リハビリテーションは運動療法+物理療法で,持続性,再発予防をはかります.理学療法士(PT)が軸となり,個々の病状に合わせた個別メニューを作成し,メディカルトレーナー他スタッフが治療をお手伝いいたします.

物理療法

 稲毛整形外科では最新の物理療法機器を用いて,リハビリテーションの効果と持続性を高めます.

項目内容
ホットパック温熱療法.表面から患部を温めることで血行を改善し,筋肉の緊張をとる.
温熱磁気振動治療器 ホットマグナ 温熱磁気にて上肢や下肢の循環改善に効果.
極超短波極超短波は体の深部を直接,短時間で暖めることができ,循環改善,除痛に効果があります.
バイブラ温浴にて上肢や下肢の循環改善に効果があります.また,水流と気泡浴の気泡の弾ける際の超音波により,通常の温浴よりも深部まで温まります.
超音波超音波にて上肢や下肢の循環改善に効果があります.通常の温浴よりも深部まで温まります.
レーザーレーザー光線により,通常の温浴よりも深部まで達し,消炎鎮痛効果がある.
SSPゲートコントロールセオリーによる鎮痛効果.筋収縮を誘発しないように,短いパルス幅の波形を用い,内因性モルヒネ様物質による下行性疼痛抑制効果.局所血流の改善による発痛物質の除去
干渉波即時的な鎮痛効果が期待される2種類の中周波によって形成される干渉低周波による電気刺激により鎮痛効果がえられる.
腰椎牽引狭くなった椎間板を広げる効果もあるものの,腰周辺の筋肉をストレッチして筋緊張性の腰痛を改善する効果のほうが大きい
頚椎牽引頚周辺の筋肉をストレッチして筋緊張,肩こりを改善する.