リハビリテーション

運動器リハビリテーション|稲毛整形外科

運動器リハビリテーション施設基準取得

スポーツ整形外科リハビリテーション施設
理療機器 各種温熱・電気治療機器・牽引装置 筋力等速度測定訓練機(Combit) ケーブルカラム・バランスボール等 理学療法室は100㎡超の床面積を2階に確保し,各種機器を完備し,運動器リハビリテーション施設基準Ⅰを取得しております.電気治療や牽引治療などの物理療法だけでなく,ストレッチ,筋力訓練を中心とした運動療法を行い,神経,筋機能の向上,各関節の可動域の回復等をはかります.理学療法士が軸となり,個々の病状に合わせたリハビリメニューを作成し,メディカルトレーナー他スタッフが治療をお手伝いいたします.

リハビリ計画書

リハビリを行うに際しては,事前にリハビリ計画を立て,毎月リハビリメニューを見直し,リハビリ計画書を作成しております.計画書作成時はリハビリ計画書作成料(300点)が加算されます.

リハビリシステム

千葉稲毛整形外科スポーツリハビリテーション施設
初診時に作成されたリハビリ計画書またはリハビリメニューにしたがって,治療を行います.
稲毛整形外科はバリアフリー設計で,車椅子と介助者がゆったりと乗れるエレベーターを設置してあります.二階リハビリ室のレイアウトは手前からリハビリメニューを始めて,徐々に奥の方へ移動するように動線が考慮されています.
再来時は簡単な問診の後,リハビリ室手前の温熱,ストレッチからはじめ,筋力訓練,可動域訓練を行った後,電気治療,牽引などを行い,鎮痛効果,持続性を高めます.(病状により異なります.) 体調不良や症状が悪化した方,思わしくない方はリハビリ開始前に必ず医師,理学療法士にご相談ください.

運動器リハビリテーション(運動療法)

稲毛整形外科の運動器リハビリテーションは運動療法+物理療法で,治療効果の持続と早期復帰を目指します.理学療法士(PT)が軸となり,個々の病状に合わせた個別メニューを作成し,メディカルトレーナー他スタッフが治療をお手伝いいたします.

運動療法 理学療法士(PT)による運動器リハビリテーション

稲毛整形外科の運動器リハビリテーションは理学療法士(PT)が軸となり,個々の病状に合わせた個別メニューを作成し,再発予防指導も含め,早期社会復帰,早期スポーツ復帰をはかります.

項目 内容
コンビット 下肢筋力測定・訓練装置 膝半月板損傷,靭帯損傷でも受傷後すぐに筋力低下がはじまります.
大腿四頭筋訓練 変形性膝関節症では1ヶ月程度で効果が出てきます.できれば毎日ご自宅でも繰り返して行ってみてください.
ストレッチベンチ 全身をストレッチします.特に,脊柱起立筋,ハムストリングを効率よく伸ばすことで,骨盤の前傾,後傾による不良姿勢を矯正し,腰痛,肩こりの治療を行います.変形性関節症,O脚矯正.
ケーブルカラム 上肢筋力訓練 ダンベルなどの重錘による筋力訓練では得られない遠心性収縮で効果up.
肋木 上肢可動域訓練他多目的に利用
プーリー 肩関節可動域訓練,肩甲骨周囲のストレッチ,肩こり,腰痛に
チューブ 各種筋力訓練・野球肩など肩関節内在筋(インナーマッスル)の使い方を指導
ボール バランス訓練 体幹のバランス向上とともに体幹内在筋(インナーマッスル)を賦活.アウターも腹直筋だけでなく腹斜筋・腹横筋が重要です.
ディジョッグボード バランス訓練 体幹のバランス向上とともに下肢内在筋・位置覚を賦活(proprioceptive exercise)
バイク 心肺機能・持久力向上
平行棒 骨折,捻挫の回復期の荷重訓練・バランス訓練
その他 椅子,階段など身近にあるいろいろなものを利用,工夫してリハビリの仕方を指導しています.
腰痛・肩こり・関節痛の予防は普段の軽い運動から!

運動器リハビリテーション(物理療法)|稲毛整形外科

稲毛整形外科の運動器リハビリテーションは運動療法+物理療法で,持続性,再発予防をはかります.理学療法士(PT)が軸となり,個々の病状に合わせた個別メニューを作成し,メディカルトレーナー他スタッフが治療をお手伝いいたします.

物理療法

稲毛整形外科では最新の物理療法機器を用いて,リハビリテーションの効果と持続性を高めます.

項目 内容
ホットパック 温熱療法.表面から患部を温めることで血行を改善し,筋肉の緊張をとる.
温熱磁気振動治療器 ホットマグナ 温熱磁気にて上肢や下肢の循環改善に効果.
極超短波 極超短波は体の深部を直接,短時間で暖めることができ,循環改善,除痛に効果があります.
バイブラ 温浴にて上肢や下肢の循環改善に効果があります.また,水流と気泡浴の気泡の弾ける際の超音波により,通常の温浴よりも深部まで温まります.
超音波 超音波にて上肢や下肢の循環改善に効果があります.通常の温浴よりも深部まで温まります.
レーザー レーザー光線により,通常の温浴よりも深部まで達し,消炎鎮痛効果がある.
SSP ゲートコントロールセオリーによる鎮痛効果.筋収縮を誘発しないように,短いパルス幅の波形を用い,内因性モルヒネ様物質による下行性疼痛抑制効果.局所血流の改善による発痛物質の除去
干渉波 即時的な鎮痛効果が期待される2種類の中周波によって形成される干渉低周波による電気刺激により鎮痛効果がえられる.
腰椎牽引 狭くなった椎間板を広げる効果もあるものの,腰周辺の筋肉をストレッチして筋緊張性の腰痛を改善する効果のほうが大きい
頚椎牽引 頚周辺の筋肉をストレッチして筋緊張,肩こりを改善する.