運動器リハビリテーション

リハビリテーション科|稲毛整形外科


運動器リハビリテーション施設基準取得

スポーツ整形外科リハビリテーション施設

 理療機器 各種温熱・電気治療機器・牽引装置 筋力等速度測定訓練機(Combit) ケーブルカラム・バランスボール等 理学療法室は100㎡超の床面積を2階に確保し,各種機器を完備し,運動器リハビリテーション施設基準Ⅰを取得しております.電気治療や牽引治療などの物理療法だけでなく,ストレッチ,筋力訓練を中心とした運動療法を行い,神経,筋機能の向上,各関節の可動域の回復等をはかります.理学療法士が軸となり,個々の病状に合わせたリハビリメニューを作成し,メディカルトレーナー他スタッフが治療をお手伝いいたします.


リハビリ計画書

 リハビリを行うに際しては,事前にリハビリ計画を立て,毎月リハビリメニューを見直し,リハビリ計画書を作成しております.計画書作成時はリハビリ計画書作成料(300点)が加算されます.

リハビリシステム

千葉稲毛整形外科スポーツリハビリテーション施設

 初診時に作成されたリハビリ計画書またはリハビリメニューにしたがって,治療を行います.
 稲毛整形外科はバリアフリー設計で,車椅子と介助者がゆったりと乗れるエレベーターを設置してあります.二階リハビリ室のレイアウトは手前からリハビリメニューを始めて,徐々に奥の方へ移動するように動線が考慮されています.
 再来時は簡単な問診の後,リハビリ室手前の温熱,ストレッチからはじめ,筋力訓練,可動域訓練を行った後,電気治療,牽引などを行い,鎮痛効果,持続性を高めます.(病状により異なります.) 体調不良や症状が悪化した方,思わしくない方はリハビリ開始前に必ず医師,理学療法士にご相談ください.