診療報酬改定 医療事務

診療報酬改定|稲毛整形外科

稲毛整形外科 医療事務

診療報酬改定

 2年毎の診療報酬改定により各診療内容の点数(価格)にとどまらず,計算方法から変更されるため,同一診療内容においても改定月前後で請求額が異なることがあります.稲毛整形外科では保険診療を行っており,健康保険から医療機関に支払われる診療報酬点数表に基づき,正確に請求させていただいております.不明な点は当院受付にて,ご遠慮なくおたずねください.
 整形外科領域における主な診療報酬改定内容については下記ご参照ください.

平成24年度診療報酬改定情報(2012/4)

  • 平成24年度改定は2年毎の診療報酬改定と3年毎の介護報酬改定が重なり,診療報酬・介護報酬同時改定となり,医療機関と在宅/介護施設との連携強化がはかられた.
  • 22年度改定で引き下げられた診療所の再診料(690円)は据え置き.患者が同じ日に同じ病院などで複数の診療科を受診した場合は、2カ所目に限って340円の再診料を請求できるようにした.
  • 運動器リハビリテーション料減額.次回改定で病院,診療所での維持期リハビリテーションは廃止.発症後150日を超えたリハビリテーションは介護施設で行うこととなる.
  • 外来リハビリテーション診療料の新設.医師による診察を行わない日であってもリハビリテーションが実施可能となり,算定日から7日間は初・再診料,外来診療料は算定しない.
  • 磁気共鳴コンピューター断層撮影(MRI撮影)1.5テスラ未満 1000点から950点に減額.
  • 後発医薬品の使用促進の観点から,医師が後発品がある医薬品について,一般名処方を行った場合を評価することになり,一般名処方加算(処方せん交付一回当たり二点)が新設されることになった

平成22年度診療報酬改定情報(2010/4)

  • 初診料電子化加算3点廃止,再診料診療所2点引き下げ,病院と統一,明細書発行体制等加算1点新設,デジタル映像化処理加算15点廃止,MRI撮影80点減,運動器リハビリテーション料を細分化,当院(無床診療所)では5点減.
  • 平成22年度の診療報酬全体の改定率が0.19%増と,10年ぶりの引き上げ.医師不足が深刻な産科や小児科,救急を充実させるため医療費は全体で,約700億円の増額となる予定.(2009/12)

平成20年度診療報酬改定(2008/4)

  • 勤務医の負担軽減策として診療所で午後6時以降は夜間診療として,夜間早朝等加算が加わります.可能な方にはお早目のご来院をお願いしております.
  • 外来管理加算は,他科と比べて,処置や検査が少ない内科の再診料をかさ上げするため,元は内科再診料として作られたものです.それがいつの間にか何もしない加算となってしまったもので,今回,意義付けの見直しがされ,丁寧な診察(5分程度の診察)が必要となりました.(2008/3)
  • 平成19年4月の疾患別リハビリテーション料の一部見直しにより導入さ れた逓減制や医学管理料について,患者一部負担がリハビリテーションを受 ける時期により異なってくるなど患者にとって分かりにくいとの指摘がある ことから見直しが行われました.各疾患別リハビリテー ションの算定日数上限を超えたものについては,1か月当たり13単位ま で算定可能に.リハビリテーション総合計画評価料は毎月1回を算定可能となります.(2008/2)
  • 画像診断ではデジタル映像化処理加算(銀塩フィルムの代わりにデジタル化を進めるため昭和63年4月から点数化され,20年がかりで推進してきました.)がデジタル加算(CR)の普及率が70%を超えたことでその役割を終え,電子画像加算として画像の管理を電子化(ファイリング保管)する施設に加算をつけ,フィルムレス化を推進.(2008/2)当院では開院当初よりのレントゲン(CR),MR画像を電子保管しております.

過去の診療報酬改定

  • 不評のリハビリ日数制限に関して,特例部分(脳血管障害などの重症例)などが変更されましたが,一般整形外科ではあまり変更はありませんでした.(2007/10)
  • 健康保険から医療機関に支払われる平成18年度診療報酬改定により,リハビリの算定方法が改正され,特例を除き,同一病名で受けられるリハビリの日数が発症後150日までに制限されました.120日を越えると診療点数が減額さます.(2006/4)
  • 平成16年度診療報酬改定により,継続管理加算が新設され,月初めの診察時のみ50円上乗せされています.同じ治療内容でも月初めの1回のみ会計が変わります.(2004/4)
    (このわかりにくい制度は2年で廃止されました.)
  • 平成14年度診療報酬改定により,再診料,リハビリ料の逓減制が導入され,同一診療内容でも月の何回目の受診かで再診料は4段階,リハビリで3段階の設定がされ,毎回請求額が変わります.(2002/4)
    (このわかりにくい制度も2年で廃止されました.)
  • 平成12年度診療報酬改定により,外来管理加算が増額され,アイシング等,目に見える処置を行った方より,なにも処置をせず,診察のみ行った方のほうが高くなっています.(2000/4)
    (患者様には説明しにくい制度ですが,現在も継続しています.(平成20年度診療報酬改定にて減額,算定用件,診察内容の具体例が示されました.))

 稲毛整形外科では上記保険制度に基づき請求し,主な内訳のわかる領収書を発行しております.