柔道家・野村忠宏

2007年5月に右膝前十字靭帯断裂内側側副靭帯損傷半月板損傷、大腿骨外果骨挫傷後、10か月ぶりの試合となるドイツ国際復帰戦で準優勝。

決勝まですべて一本勝ちで決勝に進むも、決勝では去年の世界選手権3位のオーストリアのペイシャー選手と対戦。足払いにいったところを返されて一本を取られ、惜しくも準優勝。

2007年08月|柔道家・野村忠宏のブログ 『Nomura Style』によると

”手術をすれば、どんなに早くても復帰まで半年。どうしても世界選手権に出場したいという思いで、手術は受けずに、競技を続けることを決めました。”

と、あります。さらに

”相手の技を受ける部分で不安があり、試合では禁止されている金属入りサポーターを外し、相手の技を受けながらの稽古をしたところ、悲しいくらい自分の柔道が出来ませんでした。膝の不安定さと、怪我に対する恐怖心が大きな原因です。”

とのこと。(続く…)

左膝蓋腱断裂

2/13 ACミランの元ブラジル代表FWロナウド(31)が左膝蓋腱断裂の重症。

1999年と2000年には2度にわたる右膝前十字靱帯損傷で復帰に1年半を要したものの、2002日韓ワールドカップで得点王になり、ブラジルの5度目の優勝に貢献したことは有名です。再起を期待しています。

ところで靱帯と腱の違いはご存知ですか?

どちらも顕微鏡でみると(専門用語で組織学的に)同様の構造、試験管ですりつぶして分析して見ても(生化学的に)同様の組成です。肉眼的に骨と骨をつないでいるのが靱帯。骨と筋肉をつないでいるのが腱ということになっています。

膝蓋腱はお皿といわれている膝蓋骨とすねの骨(脛骨)をつないでいるので膝蓋靱帯とも言ってもいいのですが、膝蓋骨を副骨(腱の一部)としてとらえると大腿四頭筋腱の一部ということができ、どちらともいえます。

競技力向上のためのキーワード

ストレングス(筋力アップ)

 超回復 パンプ ホエイプロテイン

コンディショニング

 カーボローディング(グリコーゲン・ローディング) AKA PNF?

トレーニング

 メンタルトレーニング スキルトレーニング チューブ インナーマッスル CKC?(クローズドキネティックチェーン) 高地トレーニング

スポーツ栄養学

 サプリメント クレアチン アミノ酸(BCAA・筋肉補強系) 微量元素(Mg Zn) 

美容・ダイエット

基礎代謝 脂肪燃焼系アミノ酸 ビタミンB群 含硫アミノ酸(美白) コラーゲン ヒアルロン酸 コンドロイチン

稲毛整形外科千葉スポーツクリニックホームページにコンディショニングのためのキーワードアップしました。

上記キーワードでわからないものがあったらネットで検索して、競技力向上にお役立てください(^_^)

福士加代子失速 ハンガーノック

陸上界のスーパーヒロイン福士加代子(ワコール)も失速。

(大阪国際女子マラソン1月27日・大阪長居陸上競技場)

 改めて35kmの壁という言葉を思い出しました。日本の一流陸上チームですから、高地トレーニング(少し短かったけど)カーボローディングなどのコンディショニングなどは完璧だったはずですが、ハイペース過ぎて、エネルギーを使い果たしてハンガーノックといわれる症状に。40km走をこなしていなかったとの事で、ペース配分=エネルギー配分を間違えてしまった。

 マラソン競技自体がリッター9kmで走る車が燃料を4リットルしかつめなくて、どうやって残りの7kmをどこでエコランするか見たいなところがあり、どうしても駆け引き(競技者同士に加え、自分の体とも)が必要なのかもしれません。

 カーボローディングはいつもは2リットルしか積めない車に4リットル詰め込むテクニックです。

 福士の前半の走りはリッター8km!マラソン界の常識が覆されるのかもと見ていました。次回はカーボローディングでガソリン5リットル載せてやってくれると思います。 ガンバレ!福士加代子!

PS. スポーツドクター的には3回転倒したら失格などの議論が起こりそうです。

スポーツ整形外科 コンディショニング

 千葉スポーツクリニック 稲毛整形外科ホームページでは順次コンディショニングに関する記事をupしていきます。

 一流選手だけでなく日本のスポーツレベルを底上げするために、コンディショニングの知識は必須です。スポーツでけがしている方だけでなく、中学・高校・大学の運動部等で、指導者のいない方や熱心でない部長の下でがんばっている皆さんにもキーワードでネット検索していただき、いろいろな情報をネットで勉強していただきたいと思います。