WBI指数|ランニング時の股関節痛

Running Style (ランニング・スタイル) 2013年 10月号 [雑誌]

 雑誌企画で12月のホノルルマラソンにむけて,フルマラソンに初挑戦する,ランニングスタイルホノルル部員の一人が股関節痛のため当院でメディカルチェックを行いました. Running Style (ランニング・スタイル) 2013年 10月号にその詳細が紹介されています.

 外傷歴などがないのに,股関節が痛くなりランニングを続けられない場合,多くは筋力不足が一因となっています. 

 この部員の場合もレントゲンやMRI検査では異常は認められず,大腿四頭筋の筋力をコンビットという下肢筋力測定専用機器で測ってみると筋力不足が明らかとなりました.

 どの程度の運動が可能か判断する指標として,この大腿四頭筋筋力を体重で割ったWBI指数 (千葉県勝浦市の国際武道大 黄川先生が考案)というものを用いていますが,この方の場合はランニングに必要な0.7を下回り,ジョギングが許可できる程度の筋力しかありませんでした.

 WBI指数をみるには専用の機械が必要ですが,簡易的な判断方法として片足で何cmの台から立ち上がれるか見る方法もあります.

高さ40cmの台に座り,両手を組んだまま反動をつけずに片足で立ちあがれれば,ジョギングが可能なWBI 0.6相当.

30cmの台から立ち上がれればランニング許可.WBI=0.7

20cmの台から立ち上がれればジャンプ.WBI=0.9

10cmの台から片足で立ち上がれれば競技復帰.WBI=1.0

 主に下肢の手術後の運動許可の目安として使っていますが,けがの予防のためにもどの程度の筋力があるのか,知っておく必要があります.

 さらに政府がメタボの次に広めようとしているロコモティブシンドロームにも立ち上がりテストが有用です.お年寄りの方は20cmの台から両足で手を使わずに反動をつけずに立ち上がれなければ通常歩行が困難となる黄色信号といえます.

 皆さんも立ち上がりテストtryしてみてください.

 

スマホ症候群|日経新聞に掲載

スマホ症侯群日経
日経新聞土曜版(6月1日発行)スマホ症候群の取材記事が掲載されました.
スマホに限らず,小型のノートパソコンなどを悪い姿勢で長時間使うと,肩こり,首こり以外にも肩の付け根のコリや痛みが出ることが問題となっています.
腕を伸ばし,肩を突き出した状態では首の前側の斜角筋に加え,肩の付け根にある小胸筋という筋肉も血流が悪くなり,凝ってきます.
右図のようなストレッチで肩こり,首こりを解消してみてください.

NHKの番組取材


先週末,稲毛整形外科でストレートネックの診察および対処法について,NHK名古屋放送局のテレビ取材があり,昨日放送されたようです.

夕方のローカル番組で,取材から3日で放映と,新聞,雑誌と比べ,スピード感が違います.

どんな内容になっているのか心配ですが,NHK名古屋放送局ホームページ ほっとライフ動画 のコーナーで見れるかもしれません.

当日来院されたストレートネックの患者様,急きょ取材にご協力いただきありがとうございました.

斜角筋症侯群|朝日新聞ウィークリー AERAに記事が掲載されました

AERA20130204 本日発売の朝日新聞ウィークリー 誌AERA 2013年2月4日増大号にストレートネックの記事が掲載されました.

 若い日本女性の半分以上はストレートネックであるという報告もあり,ストレートネック=肩こりではありませんし,ストレートネックを手術やリハビリで治療するわけではありません.

 背中をまるめて画面を覗き込むような姿勢でデスクワークを続けると,くびの前側にある筋肉群が緊張してくびコリや手のシビレをきたすことがあります.(斜角筋症侯群

 背中側の肩こりではなく,クビ前側のくびコリは斜角筋症侯群に注意が必要です.