雑誌ランニング・スタイル Vol.16に掲載されました.

「痛み」にスポットを当てた,第2特集「ランナーの六大痛みを解消!」の監修をお手伝いさせていただきました.

 ランニングを始めると誰もが経験する下肢の痛みについて,各部位のイラストを交えて解説.わかりやすい内容になっています.

 ランニング・スタイルは初中級者を対象としたMOOKスタイルの雑誌(隔月刊)で,趣味の雑誌が得意なエイ出版社から発刊されています.

 今月の表紙はホノルルマラソン初挑戦で4時間半を切るタイムで完走した安田美佐子さん.コンテンツの情報量も多く,読みごたえがあります.バックナンバーも大手書店には並んでいます.

[ランニング・スタイル][ランニング]

レントゲン(エックス線)の放射線について|稲毛整形外科 医療被曝

レントゲン検査に使用する放射線は,原爆に主に用いられるα線ではなく,ブラウン管テレビや電子レンジなどでも発生する電磁波の一種です.電磁波はエネルギーの波動であり,α線のように物(ヘリウムの原子核)が飛んでくるわけではありません.

私達は普通に生活しているだけでも宇宙から降ってくる放射線や家電からの電磁波を受けています.わかりやすく数値であらわすと年間2.4mSVです.胸部のX線撮影は0.05~0.1mSVで,自然に浴びている放射線の二十分の一以下しかありません.

大雑把に言うと,1週間戸外にいて浴びている放射線を1回のレントゲン撮影で局所に受けることになります.また,X線(エックス線)は光と同じく,直進するので,スポットライトのように撮影部位以外に当たる量は無視できるほどに減少します.

これを多いと思うか,少ないと思うかは病状との比較で,個人の判断になりますが,X線による,ある程度の(全く無害とはいえない)危険のために病気の発見や治療が遅れたり,そのために生命を失うようなことがあったりしてはならないのです.

詳細は稲毛整形外科放射線と医療被曝のページをご覧ください.

稲毛整形外科 プレスリリース

稲毛整形外科千葉スポーツクリニックは千葉市JR稲毛駅徒歩1分!

稲毛駅は千葉市北部、西部の花見川区、稲毛区、美浜区からアクセスのよい、千葉市の第2ターミナル駅です。夕方6:30まで受付しておりますので東京駅17時台の快速にのれば十分間に合います。千葉駅以南の地元で通院困難な方も通勤、通学の途中で診断・治療が可能です。

稲毛整形外科は椎間板ヘルニアや膝靭帯損傷半月板損傷などの急性の痛み、腰痛、五十肩、肩こり、 膝痛(変形性関節症)などの慢性疼痛およびスポーツ整形外科疾患を中心とした整形外科専門クリニックです。

MRI完備

MRIを自院内に完備し、確実な診断、患者さんにわかり易い説明、親身の治療を心がけております。 理学療法士が個別メニューを作成し、充実したリハビリ施設で、仕事・スポーツへの早期復帰をはかります。

 入院、手術の必要な方は川鉄千葉病院,千葉市立海浜病院、千葉市立青葉病院等、国立千葉医療センター、船橋整形外科などの千葉大学整形外科関連病院他、都内有名病院にも紹介しています。

院長は千葉大学医学部S59年卒業、日本整形外科学会専門医。日本体育協会スポーツドクター。

診療時間 平日 午前9:30-12:30 午後3:30-6:30 (木土午後除く) 休診日は木・土 午後・日・祝。


Google マップ

TEL 043-302-7005 JR稲毛駅西口徒歩1分。駐車場完備。