こどもの膝痛

膝前十字靭帯 膝スポーツ外来 稲毛整形外科 千葉スポーツクリニックのページを刷新しました.

 膝前面痛に関してオスグッド病他,こどもの膝痛のコンテンツを充実させました.

稲毛整形外科ホームページは,臨床経験を元に,私見を交え,わかりやすくスポーツ整形外科の病気について気楽に書かせていただいております.

骨挫傷とは

 最近ニュースでも見かける”骨挫傷”.病名にしていいのかどうかわかりませんが,骨の打撲のひどいものを骨挫傷と呼んでいます.

20年前MRIが一般的に普及し,筋肉や靭帯などの軟部組織の診断に用いられるようになり,骨の中の状態もわかるようになりました.そのなかで特定の撮影方法で腫れているところ(水分のおおいところ)だけを強調してみてみると靭帯損傷を起こすほどの外力を受けた患部は,骨の中も出血したり浮腫んだりしている様子が画像化されるようになったのです.

図は右膝を正面から見た内側側副靭帯損傷(黄矢印)のMRI画像です.外側(緑矢印のあるほう)から,タックルされ受傷しました,

強い力が外側からかかり,内側の側副靭帯が引き伸ばされて切れるわけですが,てこの支点となる外側の関節も,せん断力(すいか割りの原理)により,骨の内部にダメージを受けます.

単なる打撲でも2週間以上痛みが続く場合は,骨挫傷を疑う必要があります.

円板状半月板|新入生のクラブ活動選択にスポーツ整形外科

 入学式のこの時分,スーツ姿のご両親と連れ添われて,新入生が新品の制服に身を包み,登校する姿をよく見かけます.

 新入生のクラブ活動選択にスポーツ整形外科が何の役に立つのかと思われるでしょうが,入学して新しいスポーツを始めようという中高生,特に今まで膝や肩,肘を痛めたことがある新中学生は必見です.

たとえば,右図のような円板状半月板で膝を痛めたことがある方.膝の半月板が生まれつき大きく,上下の骨で挟まれやすく,負荷が増えると膝痛が,出やすい構造をしています.

幼稚園のころ,遠足に行くと必ず翌日膝や股関節の痛みを訴えたり,小学校で縄跳びが流行ると,ヒザの痛みや足の痛みが出ていた子は要注意です.また,お父さんが学生時代,膝円板状半月板や膝半月板損傷で手術していたりするとその可能性が高まります.

円板状半月板は症状がなければ予防的に手術することはありませんが,中学後半から高校にかけて運動量の増大に伴い,断裂することがあるので,どのスポーツをはじめるか,迷っている場合は,スポーツ整形外科でどちらがカラダに負担が少ないか相談されてみてもよいかと思います.

膝関節多発性骨軟骨腫|”関節ねずみ”ならぬ”関節うさぎ”?

 年配の女性.何十年も前から膝がごろごろして,たまに引っかかりを感じていたものの,膝痛はなく放置していたらしい.

 最近,膝の痛みが出てきたため来院.レントゲンをとるまでもなく,膝のお皿の上にごろごろした塊を触れることができ,可動性がある.

レントゲンでは10個あまりの骨の塊を見ることができ,診断は膝関節多発性骨軟骨腫.骨軟骨腫の字のとおり,中心部の骨組織を核としてレントゲンでは写らない軟骨が周囲をとりまいているため,実際はひと周り大きく,関節ねずみならぬ関節うさぎとでも呼ぶべき遊離体.

ここまで大きくなると関節の隙間に入り込めなくなるため,ロッキングを起こすことはない.それほど珍しい病気ではなく,高齢の方に多くみられます.ロッキングを起こさない場合は,経過を見るだけでもよさそうです.