腰椎圧迫骨折は骨粗しょう症の高齢の女性に多く見られますが,

若い男性でもスポーツ外傷によって腰椎圧迫骨折を起こします.(詳細ページは画像をクリック)

腰椎圧迫骨折 受傷直後腰椎圧迫骨折 1ヵ月後

 上の二枚の写真,画像ソフトで修正を加えた様に見えますが,矢印を入れただけ.

 斜めに走っている肋骨の影を比べてもらえば,一目瞭然.

 右は1ヵ月後の写真です.骨折した下の椎体など,重ねてみるとほぼピタリと一致します.

 正確な診断は,レントゲン技師が,日々,正確な写真を撮っているからできるんです.

 青島宏之君,これからもよろしくおねがいします.

原発不明癌|慢性腰痛でも転移性腫瘍

 以前より腰痛があり,数週間でおさまっていたが,今回はいつもより痛みが強く,回復も遅いので来院. 

原発不明癌 レントゲンでは第4第5腰椎の間の椎間板が狭く,骨棘(骨のとげ)もみられ,変形性脊椎症の所見.しかし,診察所見と合わないため,MRを撮影してみると,骨の色が明らかに異なり,外傷または腫瘍が疑われた.

 後に,転移性腫瘍(癌転移)であることが判明した.軽微な外傷で,骨折するので,痛みが引くことはまれ.

 癌が,骨、肝臓や肺などの離れた臓器に転移するまで明らかにならないことがしばしばある.これらは原発不明癌と分類され,癌全体の2~4%に見られる.

腰痛ベルト/腰痛コルセット

腰痛コルセット 整形外科では,市販されている腰痛ベルト/腰痛コルセットのほかに,個々の体の形に合わせた治療用コルセットを健康保険を適用し作成しています.

先日,コルセットを体の形にあわせて作った患者さんが,左右の支柱の幅も違うし,間隔も違うといって,メジャー持参で診察室に入ってきました.

確かに左右非対称でしたが,患者さんの背骨も前後左右に複雑に曲がっています.これでいいの,あわないのと,散々やり取りした末,初診時のレントゲンを見せ,20度側弯している体に合わせて作っているから左右対称ではないのですよというと,何もいわず,診察室を出て行かれました.

市販のコルセットでは合わない方は,一度整形外科を受診してみてください.

坐骨神経痛|腰部椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア MRI腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

腰痛が全くない人もいます.

接骨で大腿二頭筋の肉離れと診断され,当院を受診.

本人も外傷後足が痛くなったので太ももの肉離れと

2ヶ月間信じ込んでました.