間欠性跛行|腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤日日寒さも和らぎ,外出時,寒さに頚腰に力を入れることも少なくなりました.冬場,症状が悪化していた脊柱管狭窄症の患者さんも間欠性跛行の症状が軽くなるケースも多々見られます.

間欠性跛行とは,歩いているうちに足の痛みが強くなり,足を引きずって歩くようになるものの,立ち止まって休むとまた歩けるようになる症状をいいます.

程度により,休まずに歩ける距離はさまざまですが,進行すると,30mごとに休まないと歩けなくなることもあります.

間欠性跛行の原因は神経性と血管性の2つ.脊柱管狭窄症により,背骨の中を通っている脊髄が圧迫されて起こす間欠性跛行と閉塞性動脈硬化症により足に行く血管がつまりおこす間欠性跛行があります.前者も正確には脊髄に行く血管が圧迫されて痛みを起こすので血流不足による痛みですが,脊髄が圧迫されて痛みを起こす脊柱管狭窄症の場合は腰を曲げて歩くと症状が改善したり,春先になると症状が軽くなるのに対して,下肢の血管が詰まっている場合は,体位,季節に関係なく痛みを生じます.

右上図は腹部大動脈瘤により間欠性跛行を呈した患者さんの腰椎側面のMRI画像です.通常直径20mm以下の大血管が太い部分で35mmほどに紡錘形に膨らんでいました.通常は腹部大動脈瘤で間欠性跛行を起こすことはありませんが,両足に分岐する部分まで動脈瘤が広がると分岐部で足に行く血管が詰まり,間欠性跛行を呈します.MR読影時は(整形外科という職業柄?)いつも背中側から見ているので,こんなに大きくはっきり映っている腹部の大動脈瘤を危うく見逃すところでした.(はっきり見えない場合は画像リンク先の黄矢印ご参照ください)

腰椎分離症|疲労骨折は椎弓下側から始まる

腰椎分離症

稲毛整形外科ホームページ”腰椎分離症”の写真を更新しました.

腰椎分離症は腰椎後方部分の椎弓が疲労骨折を起こすことにより腰痛をきたす疾患で,若年者に多いスポーツ障害です.

右図は初期の腰椎分離症のレントゲン写真です.椎弓は上に凸の薄い板状の骨で,腰をひねったりそらせたりする繰り返しのストレスで疲労骨折を起こします.初期はレントゲンでもわかりませんが,注意して経過を見ているとほとんどの場合,椎弓の下側,くぼんでいる方から割れてきます.

これは椎弓全体が引き伸ばされる力により下側からヒビが入るためと考えられ,野球で右打ちの場合,左側に牽引力がかかり,分離症をおこします.野球のピッチングやテニス,バトミントンなどのラケットスボーツでも多くは左側が分離しています.

腰椎分離症は初期はレントゲンではわからず,見逃されることが多く,分離が進むと長期間(長いと半年!)のコルセット固定とスポーツ禁止が必要になります.右図のレントゲンの状態でもごく初期とはいえず,レントゲンでわかるような分離症になる前に診断し,予防することが大切です.

痛み止めが効かない腰痛|腰部脊柱管狭窄症

60代男性.ジョギングのあと徐々に腰から太ももにかけての痛みが出現.以前,内科でもらった痛み止めを飲んでもまったく効果なく,当院を受診.

どんな薬を飲んだのか聞いてみると腹痛の際処方された痛み止め.

 ご存知の方も多いと思いますが,ブスコパンに代表される鎮痙剤は胃や腸の痙攣による痛みにはすっきりと効くのですが,一般的な肩こりや腰痛には全く効果がないどころか,胃腸の運動が抑制されて便秘や腹にガスがたまるなどの副作用もあるので注意が必要です.

腰部脊柱管狭窄症 診断は以前から足裏の違和感を感じていたとのことで,腰部脊柱管狭窄症.MRIを撮影してみると下から3番目の椎間板で神経が圧迫されてひきおこした神経痛でした.

数年前までは筋肉痛も神経痛もロキソニンやボルタレンなどの鎮痛消炎剤(NSAIDS)しか選択肢がなかったのですが、最近は神経痛に対して作用機序の異なる薬が開発されており,第一選択薬のNSAIDSが効かない場合,処方しています.

神経痛に対して,胃の痛み止めが効かないのは当然ですが,普通の消炎鎮痛剤が効かない慢性の痛みに有効ですので,是非お近くの整形外科で,ご相談ください.

腰椎分離症の診断と治療|腰椎分離症の分離部の動きをレントゲンで見てみた

腰椎分離症は,成長期の過度な運動により起こす疲労骨折の一つと考えられています.腰で疲労骨折を起こす場所は腰椎の後方部分(右図黄矢印),椎間板の反対側で椎弓という部分.腰を反らすと骨折して炎症を起こしている部分が圧迫されて痛みを生じます.

ある程度腰椎分離がはっきりしてくると通常のレントゲンでも見つかることがあります.右図の分離症の写真にカーソルを合わせると後屈時の写真になりますが,後屈時は分離部の隙間が狭くなることがわかります.

通常分離していなければ動くことのない椎弓部分ですが,分離症では後屈させると,分離部(黄色の矢印の部分)がガバガバに動いています.この状態になると完全に治すこと(疲労骨折した椎弓部分が骨癒合して動かなくなること)は難しくなります.

腰椎分離症の治療は成長期であれば,骨癒合が期待できるので,硬いコルセットで腰を固定するのですが,数カ月にわたる運動禁止が必要となります.また運動禁止して固定していれば必ず治るというわけではありませんから,初期治療が大事になってきます.

腰椎分離症がレントゲンではっきりわかる時期はかなり進行した状態といえます.分離症の初期ではレントゲンやCT,MRIでもはっきりしませんが,理学所見である程度判断できますので,はやめにスポーツ整形外科を受診してください.

ぎっくり腰の取材記事が夕刊フジに掲載されました

掲載記事ぎっくり腰夕刊フジ2012年4月19日

 4月になり,新しい生活が始まった方も多いと思います.

 引越しで腰を痛めたり,長時間のデスクワークで腰痛を発症したり,いままで腰痛の経験がなくても,ぎっくり腰を起こすことがあります.

 重いものを持ち上げるときは,必ずしゃがんで膝で持ち上げるようにしてください.

 長時間デスクに向かっている方は,座り方に注意.背筋が伸ばせるように椅子を調整してください.調整の仕方は稲毛整形外科ホームページの腰痛対策・予防をご覧ください.