メタボ対策注意点

http://www.tokyo42195.org/img/top/logo3.gif

 近年のランニング人口の急増は東京マラソンの申込者数が前年を68%も上回っていることからも明らかです.

 東京マラソン2009が今年も2009.3.22に開催されますが,

○申込者数合計 261,981人 (対前回大会比 68%増)

○当選者数合計  35,000人 (当選倍率  7.5 倍)

とのこと.定員が2割弱増えたからといって,当選しやすくなったと思って応募するランナーが,2割も増えるとは考えられません.ランニング人口の増加数を反映している数字だと思います.

 メタボ対策として,有酸素運動の中でもランニングは水泳についで非常に有効な手段であるといえます.時速10km,1kmを6分のペースで30分走ると,ご飯茶碗2杯分のカロリーを消費します.朝夕のご飯を抜いて絶食ダイエットするのと違うところは,必要なビタミンやミネラルを摂りながら,空腹感と戦わずして,健康的なダイエットができる.心肺機能も上がる.と,いいことづくめのようですが,整形外科的には注意点があります.

 オーバーウェイトの場合,フォームの悪さからくる,ランナー膝,ジャンパー膝になる前に,膝の軟骨や軟骨を支える骨が悲鳴をあげてしまいます.

 肥満度は,BMI(体重(kg)/身長(m)2)で計算しますが,大まかに,身長cm―体重kgが,100以下でイエローゾーン,90を切っていればレッドゾーンと考えられます.

 イエローゾーンの方のメタボ予防にはジョギングを,レッドゾーンのメタボ対策には水泳(浮きやすいので楽(^o^♪)や自転車をお勧めします!