後期高齢者医療制度

 稲毛整形外科千葉スポーツクリニックでも制度切り替えに伴う保険証の入力により多少お待たせしておりましたが、少し落ち着いてきたようです。

 数カ月も前から保険制度が変わることが判っていたのに、マスコミも払われていない年金から天引きされることを今になって騒ぎ出しています。マスコミが世論を作る世の中、もっと早く問題点を指摘、報道してもらいたいと思います。

 満額払われていない年金から天引きされることは問題ですが、どうせ払わなくてはならない健康保険料を勤め人(社保)のように、国保も老人も含め、税金化して社会保険税として天引きにしてはというのは乱暴な議論なのでしょうか?

 米国のsocial security taxのように,年金保険料を税として徴収。健康保険料も税金化して、全国民が加入すれば、現在の保険財政も立ち直るし、社会保険庁(2年後名前を変えて日本年金機構に97%の職員が移る)を廃止、国保関係職員を減員し、職員を公務員(税務は大変になる!)に再編入すればいいのではと思うのですが…

 ”小さな政府” ”官から民へ” が国民負担の少ない政府であるかのように善しとされていますが、総額が変わらないのだから、見かけだけ小さくしても社会保険庁や、役人の天下り先など、目に見えないところで国民の金が動いている方が、よっぽど効率が悪いと思います。

カテゴリー: