肩のスポーツ障害

肩甲上神経麻痺(肩甲上神経絞扼性障害)

 バレーボール、テニスなど肩を振り回す頻回な力が掛かる人に多く発生します。肩が水平以上、上がらなくなり…

反復性肩関節脱臼

 肩関節は転んで手を着いたり、肩を激しくぶつけたときに脱臼し、関節が伸びたまま(バンカート病変)になると、軽い動作でもはずれやすくなります。自然治癒が極めて難しいため、初回脱臼後80%の1年以内に再脱臼し、反復性(癖になる)に移行・・・フィギュアスケートの安藤美姫、相撲の千代の富士・・・

石灰沈着性腱板炎

 40~50歳代女性に多く、突然誘因なく、激痛が走り、腕を動かすことができなくなります。夜間痛が特徴です。レントゲンで簡単に診断できる…

胸郭出口症候群

 胸郭出口症候群の症状は、手や腕のしびれや違和感…頚椎椎間板ヘルニアと鑑別診断が必要・・・

カテゴリー:

水泳肩・野球肩・テニス肩

肩腱板炎

 肩腱板炎は、野球の投球動作、テニスでのサーブ動作、水泳の自由形、バタフライ、背泳ぎといった、腕を頭の後ろから回す動作を繰り返し行うスポーツが原因で起こります。

肩関節上方関節唇損傷(SLAP lesion)

 投球動作のコッキング期(振りかぶった状態)からアクセレレーション期(ボールを離す前まで)に痛みが生じます。

上腕二頭筋腱損傷

 上腕二頭筋長頭腱にはボールリリース,フォロースルー期において牽引張力が加わり、腱の付着部からきれたり、上腕骨頭の溝で擦り切れ…

カテゴリー:

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

 誘引なく、徐々に肩が後ろに回らなり、放置すると上に上がらなくなります。肩関節周囲炎は多くの病態の総称で、四十肩・五十肩のなかには腱板断裂が隠れている可能性もあります。

野球肩

野球における投球動作やラケット競技のスイングなどに起因した肩病変を有するものをいわゆる野球肩と呼んでいます。四十肩・五十肩と同様、下記のいろいろな原因を特定する必要があります。

肩腱板断裂 肩の腱板が切れると、手をあげている状態を保持することができなくなります。外傷歴があれば診断は簡単ですが、外傷がなくてもすり切れていくことがあります・・・

カテゴリー: