膝前十字靱帯損傷|自然治癒しにくい理由

膝前十字靭帯は.関節内靭帯といって関節液で満たされた関節腔という空間にあるため,血流に乏しく,関節内にある軟骨や半月板と同じく,非常に治りにくい組織です.

血流に乏しく,自然治癒が期待しにくいことに加えて,前十字靱帯は大腿骨と脛骨をつなぐ硬い紐のような構造で,上下に張力がかかっているため,損傷すると組織の連続性がたたれ,完全断裂では右図MRのように垂れ下がった状態となっており,アサガオのつるのように上に延びていくわけではなく,自然治癒することはありません.

膝前十字靭帯損傷では靭帯が伸びているといわれて来院するケースも少なくありませんが,伸びた靭帯がゴムのように縮むわけではありません.詳しくはスポーツ外傷・障害の診断と治療-総論 靱帯損傷のページもあわせてご参照ください.